スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと

「FINAL FANTASY X-2」クリア!
FinalFantasyX-2_2523_1024.jpg


いや~思ったより時間かかってしまいました。

→続きを読む

スポンサーサイト

愛しの映画館バトン

リンジーまた逮捕★
米若手女優、リンジー・ローハンさん(21)が24日、米カリフォルニア州サンタモニカ市内で、飲酒運転とコカイン所持の疑いで逮捕された。ローハン容疑者は今年5月にもビバリーヒルズで同様の容疑で逮捕され、6週間に及ぶリハビリ治療を今月終えたばかり。(yahooNEWSより)

「やってもた!」
lindsay_lohan1.jpg

連発で飲酒運転&コカイン所持で逮捕って・・・リンジー捕まりすぎ(笑)映画のリンジーだけ観てファンになったけど、ゴシップニュースの彼女を見るたびに冷めていく自分がいます。いい加減干されるんじゃないの?なんて思ってしまいますね。最近良質の映画へ方向転換してきたところなので頑張って欲しいところなんですけど。



というわけで、突然話し変わって・・・


いつもネタが無いときに絶妙のタイミングでバトンを回してくれるmigさんから、これまたナイスタイミングで頂きました。

☆愛しの映画館バトン☆

バトンもどんどん無理矢理なカンジになってまいりましたが、そのへんは軽くスルーして早速いきます。


→続きを読む

愚痴

私、仕事をしていて最も嫌いなことが「待ち」なんですよね。「この仕事を進めるには○○が必要。でもそれは△△しか出来ないからそれが出来るのを待つ」こういうヤツ。当然自分ひとりで仕事してるわけじゃないのである程度のことは仕方ないのですが・・・仕事が忙しくて遅くなるなんてのは全然苦にならないんですが、それ以外に仕事残ってないのにひたすら待つだけというのは非常に辛い。

仕事の流れをスムーズに進めるために皆それぞれが段取り良く自分の仕事を進めて次工程にバトンタッチしていくのですが、稀にど~しよ~もなくドンくさい、段取りの悪い人というのもいるもので、こういうタイプの人がその流れに入ってくると始末が悪いんですよね。

→続きを読む

インランド・エンパイア

「インランド・エンパイア」を梅田ガーデンシネマにて鑑賞。
ie5.jpg

ニッキー(ローラ・ダーン)とデヴォン(ジャスティン・セロー)は、映画監督のキングスリー(ジェレミー・アイアンズ)が手掛ける映画に出演することになる。その作品は、ある秘密を抱えており、主演女優のニッキーは役にのめりこむにつれ、次第に役柄と私生活を混同し始めるようになる。 (シネマトゥデイ)

デヴィッド・リンチ最新作。「マルホランド・ドライブ」をみてムキィー!となり、意地になって「リンチ祭り」と題し頭から煙を出しながら他の作品を一気に観たのも今となってはいい思い出です。私、大体この監督さんの作風が気に入らない。特に「マルホランド・ドライブ」や「ロスト・ハイウェイ」なんて、やたらめったら難解なくせに作品自体には何のメッセージ性も感じられないんですよね。かといって最後の最後に「やられた~!」ってカンジのオチを付ける作風でもない。なんだか解答の無い数学の問題集をやらされたような気分になるんですよ。「これでいいの?ねぇ、これであってるの?」っていう。観終わった後はモヤモヤムズムズしっぱなしですよ。キッチリした正解を理解できないと気が済まないタイプの人には向かない監督さんですね。

というわけでこの映画の存在を知った時も「リンチの新作?ケッ、どーせまた答えの無い脳みそ爆発映画だろ」なんて興味の無いそぶりをしていたんですが、フと気がついたらチケットを握り締めて劇場の前に立っていたので仕方なく鑑賞してみた。

で、どうだったかというと・・・→ranking

→続きを読む

テーマ : インランド・エンパイア
ジャンル : 映画

久しぶりのゲーム

去年の年末にFF11を解約して依頼、プレステには指一本触れてなかったんですが、なんとなく急にゲームがやりたくなってきてしまいました。といっても今からオンラインゲーム始めるほど時間も労力も割けないし・・・ということでオフゲでも久しぶりにやろうかな、なんて近所のソフト屋へ。思いついて5分後にはもう向かってましたからね。思い立ったが即行動をモットーに日々生きています。まぁ行き当たりばったりとも言いますけど。

ということで数年ぶりのゲームコーナーへ。なんだかWiiとかニンテンドーDSとかプレステ3とかのソフトばっかりですね。そんなハイテク機器にはこれっぽっちも用はないんですよ。欲しいのはプレステ2のソフトなのに・・・もうプレステ2って時代遅れなんですかね。探しているとあったあった、ゲームコーナーの一番奥にひっそりと・・・中古オンリー!扱い低っ!と思いつつ物色。

で、私の買ったソフトはというと・・・


→続きを読む

今宵、フィッツジェラルド劇場で

「今宵、フィッツジェラルド劇場で」を観た。
koyoi5.jpg

楽屋ではその夜のゲストミュージシャンたちがリラックスムードで出番を待ち、別の楽屋では司会者のギャリソン・キーラー(本人)が本番の準備を進めている。ギャリソンがやっと重い腰を上げてステージへ向かうとき、いよいよ最後のショウの幕が上がろうとしていた。そして、彼らの新しい人生の幕も開けようとしていた・・・・・。

これは良い邦題ですね。トンチンカンな邦題をつけられた作品の多い中、観る前には物憂げなようでどこか寂しそう、それでいて暖かい印象を感じて内容に興味をもてるし、観た後はその余韻に浸れる良いタイトルだと思います。そして内容はその期待に十分応えてくれる作品でした。





→続きを読む

イントロどーーん!

新しくカテゴリを追加してみました。

映画始まる時の制作会社だったり配給会社だったりの、あのイントロ&ロゴ!あれ好きなんですよね~。DVDだと早送りもメニュー切り替えも不可という、強制的に見せられるアレです。どの企業も工夫が凝らされてて面白いし、「これから映画が始まる!」ってあの何とも言えない高揚感みたいなものがイイですよね。しょっちゅう変わるけど毎回不気味なドルビーデジタルとか妙に気になります。

というわけでYOUTUBEで拾い集めてきたものを貼り付けてみる。個人的に好きなLakehsoreのイントロが見つからなくて残念。Dark Castleのも無かったなぁ。そして国内企業のは全然なくて、シネカノンのイントロとか好きなんですけど見つかりませんでした。

ここに載ってないもので、「これみつけたよ!」というのがあればコメント頂ければ嬉しいです。随時追加していきたいと思います。皆さんが好きなのはどれですか?






→続きを読む

カースド

「カースド」を観た。
cus1.jpg

ある月夜の晩。テレビ局に勤めるエリーと学生ジミーの姉弟は、ロスの山道で対向車を巻き込んだ交通事故を起こしてしまう。2人は横転した対向車の女性運転手を助けようと森に入るが、絶滅したはずのオオカミらしき動物に襲われ、その餌食となった女性運転手は惨殺されてしまう。

久しぶりにB級モンスターホラーが観たくなってレンタル。観る前からB級と決め付けるのも失礼なハナシですが、狼男のホラー映画という時点でB級ホラーというのは明らかです。そして何故かクリスティーナ・リッチ主演ということでそれなりに楽しめるんじゃないかと密かに期待して観た。


→続きを読む

unknown アンノウン

「unknown アンノウン」を観た。
ukw1.jpg

廃棄工場に閉じ込められた5人の男たちは、誘拐犯と人質であるという記憶を失っていた。それぞれの記憶が曖昧(あいまい)によみがえってくる中で、彼らは誘拐犯のボスがやって来る日没までに、自分たちの立場をはっきりさせようと探り合いを始める。

またまたソリッドシュチュエーションスリラーです。この類の作品、劇場未公開も含めると年間で一体どれほどの数が作られているのでしょうね。


→続きを読む

ドリームガールズ

「ドリームガールズ」を観た。
dg1.jpg

1962年デトロイト。エフィー、ローレル、ディーナのコーラストリオは、歌で成功しようと毎夜オーディションなどに出場していた。そんな彼女たちを、カーティスという男が目を付けた。やがて、デトロイトで抜群の人気を誇るスター、ジミー・アーリーのバックコーラスを務めることに。そんな3人はカーティスをプロデューサーに、ドリームガールとしてデビューを飾る。次々にヒット曲を放ち、トップスターの仲間入りを果たすが…。

いまいちハマれなかった「シカゴ」の脚本家の監督作品ということであまり興味なかったのですが、話題作で音楽映画ということでとりあえずレンタル、鑑賞してみた。



→続きを読む

街のあかり

「街のあかり」を梅田ガーデンシネマにて鑑賞。
matino1.jpg

友情にも家族の愛情にも恵まれず、1人で孤独に生きる夜警員の男コイスティネン。ある日、彼はマフィアの男とその情婦ミルヤの策略により、ショッピングセンターの宝石を強奪した罪をなすりつけられてしまう。しかし、ミルヤの愛を信じるコイスティネンは……。

アキ・カウリスマキの新作!ということで張り切って初日朝イチ鑑賞してきた。カウリスマキを初日の朝イチから観に来る人ってどんな人なんだろう、なんて自分のことを棚にあげて客層を見渡してみると・・・30人くらいの客のうち9割が一人。私の確認した限りでは二人組が一組だけであとは全員ソロでした。そして年齢層がかなり高いですね。30代前後が1割、40代前後が7割、50代前後が1割ってところでしょうか。あとは学生っぽいのとおじいちゃんが少々・・・この現場にいる人ってほとんどが映画マニアなんだろうなぁなんて思いながら鑑賞開始。


→続きを読む

土地を買おうかと思いまして

私も気がつけば20代後半、三十路がもうそこまで迫ってきてるんですよね。聞けば両親は私の年には小さいながらも家を持っていたというし、結婚した友人なんかも家建てたりマンション買ったりしてるんですよ。私といえば結婚なんてその気配すら無いのですが、せめて土地くらいは買っておこうかな、なんて思うんです。「土地持ち」っていい響きですよね。何だか結婚できそうな予感を感じさせる甘美な響きです。

候補地は3ヶ所、坪数は1200坪ばかり買っちゃおうかな、なんて思ってるんです。もちろん買うからには妥協しません。誰もがその輝きを目にしたことのある、最高の場所を候補地にしてあります。


それはどこかというと・・・・




→続きを読む

イルマーレ

「イルマーレ」を観た。
irumare1.jpg

アレックス・ワイラーは、湖上の支柱の上に建つ珍しいガラス張りの家に引っ越してきた時、郵便箱にこの家に以前住んでいた人物からの手紙があるのを発見する。しかし、この家にはもう何年も誰も住んでいないのだ。返信した彼は、やがて自分が2年先の未来から手紙を投函しているケイト・フォースターという医師と文通していることを知る。

以前にたまたま話す機会の会った女性、といってももう二度と会うこともないだろうというくらいの、ほとんど通りすがりレベルの人と映画の話になった時、やたらと「イルマーレ良かった!」と連呼していたのがずっと記憶に残ってたんです。普段こういうラブストーリーは滅多に観ないのですが、これも何かの縁かもしれないと思い立ってレンタルしてみた。


→続きを読む

6月のアクセス状況

アッーー!

という間にもう7月突入です。2007年も半分が終わってしまいました。1日1日が異常に早く感じる今日この頃です。こんなに早いとホントに1日が24時間あるのか怪しく感じてしまいますね。最近の地球、ちょっと自転速度速いんじゃないでしょうか。

というわけで個人的に四季の中で最も嫌いな夏の到来です。「くさい・汚い・気分悪い」の3Kですからね。早く冬にならないかな。

これと言って書くこともないのでたまにはこのブログのアクセス状況などを公表してみる。


→続きを読む

愛しのローズマリー

「愛しのローズマリー」を観た。
itosino1.jpg

ハルはごくフツーの男性。セクシーな超美人が大好きで、連日連夜ナンパ攻勢をかけるがフラれっ放し! ある日、偶然出会ったセラピストの催眠術でハルの理想のナンパライフに大異変が! 街で超美人ローズマリーに声をかけるとナンパは大成功! 2人はラブラブに! 実は、女性を外見的な美しさでしか判断しないハルを変えようと、セラピストは女性の心の美しさを視覚化する催眠術をかけていたのだ!

今までは全くと言っていいほど手に取らなかったジャンル、20thFOXのプリティピンクシリーズ。所謂ラブコメとかロマコメってやつです。以前にリンジー・ローハン主演の「ラッキー・ガール」を観て、こういうのもたまには悪くないかな、なんて思い出したんですよね。というわけで次は何にしようかと思ってたんですが、ジャック・ブラック主演ということで本作を鑑賞してみた。

で、どうだったかというと・・・


→続きを読む

クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。