スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリウッドスターの懐かしCM

洋菓子の~グリ~ン~


youtubeを探検していたらとっても懐かしいCMに出会ってしまいました。洋菓子のグリン、数年前に倒産したようです (つД`)

というわけで急に昔懐かしいCMが見たくなって探してみたら色々とでてきたので紹介してみる。映画ブログらしく、ハリウッドスターの懐かしいCMをどうぞ!




→続きを読む

スポンサーサイト

バンカー・パレス・ホテル

「バンカー・パレス・ホテル」を観た。
bunker.jpg

空から容赦なく降り注ぐ、白い核酸性雨。地上では革命の嵐。地下では秘密のシェルター「バンカー・パレス・ホテル」で、腐った政府高官たちが生きのびたいと必死だ。そこへ反乱軍の女スパイが潜入してきて…。

エンキ・ビラルの初監督作品であり、1989年の公開当時、フランスの観客動員記録を塗り替えた話題作です。おそらくフランスでは有名な作品だと思われるのですが、日本では当然のように廃盤ですからね。漫画では哲学的な要素も絡ませたなんちゃって奥深さがウリのSFコミックは今の日本でも人気がありますが、映画となるとそういうわけにはいかないようです。

まぁ廃盤と言えどDVDになってるのが救いかな、などと思いながら鑑賞してみた。



→続きを読む

ティコ・ムーン

「ティコ・ムーン」を観た。
tykho-moon-affiche.jpg

近未来。独裁者マクビー(ミシェル・ピコリ)が支配する、どこかパリに似た植民地の月面都市。一族の血統には、遺伝的欠陥である、細胞組織を侵す青い染みがあった。

6,7年前に観たっきりで内容なんてほとんど覚えてないのに、何故か当時の余韻だけが未だに残り続けていた作品。とりたてて面白いストーリーでもないはずなのに、いつまでたってもその余韻が消えない。そんな作品ってなかなか無い。ビデオ・DVD共にとっくに廃盤になってしまっていてレンタル屋からも消えてしまっていたのですが、どうしてももう一度見たくなってついにamazonの個人売買で購入。この残りつづける余韻の正体を確かめるべく、二度目の鑑賞に至りました。




→続きを読む

○×バトン

愛用しているi-pod miniのバッテリーの切れる速度が異様に早いbaohです、こんばんは。なんかね、もうバッテリーきれるの早すぎ!片道1時間、往復で2時間の通勤中かかさず聞いているi podなんですが、朝マンタンの状態でも帰りの途中でもう切れるんです。それだけならまだしも、電池マーク半分あるのに突然「バッテリーが不足しています」って表示されてブチってきれたり、もう最悪。極めつけは、土曜の夜に充電して日曜1日おいて、月曜朝聞こうと思ったらすでにバッテリー切れになってたりと、「どんだけ放電しとんねん!!」って思わず朝の駅でつっこみそうになります。聞こうと思ってイヤホンつけてスイッチオンしたらバッテリー切れだった瞬間って、めちゃめちゃテンション下がりますね。通勤時間がいつもの倍くらいに感じます。まだ買って1年ちょっとしかたってないのに・・・nanoに買い換えようかな。

というわけでいきなりハナシは飛んで、いつも良くして頂いている「我想一個人映画美的女人blog」のmigさんにお声をかけていただきました○×バトン、はりきってやってみます。


○×バトン(経験バトン)
【経験したことあるものには○、無いものには×をつける。嘘つきはダメ】



→続きを読む

マーケットプレイスというのを利用してみた

むか~し一度レンタルで観て非常に印象的だった作品、なんだか最近無性にもう一度観たくなって色々探してまわってたんですが、どこにも置いてない。調べてみるととっくの昔に廃盤になってました。その作品とは・・・

→続きを読む

エドワードII

「エドワードII」を観た。
edward2.jpg

イングランド王として新しく即位したエドワード二世は,ピアーズ・ガヴェストンに身分不相応の爵位を与えるなどの寵愛を注ぎ,享楽的な生活に耽っていた。妻を無視し王としての責任を果たそうとしないエドワードと,ガヴェストンの二人は次第に孤立していく。

14世紀初頭のイングランド王の悲劇を描いた有名な戯曲をデレク・ジャーマンが斬新な手法で映像化した作品。この王様ってのがゲイ疑惑があった人なんですね。ゲイと聞いて黙っていられないのがこのデレク・ジャーマンというお方。エイズで亡くなってもう10年以上たちますが、独自のアートセンスと独自のゲイっぷりを融合させた世界観が未だに多くの信奉者を集めている監督さんです。

ゲイゲイゲイゲイうるさく前面に押し出すのは好きじゃないので今まで避けてきた監督さんでしたが、たまたまDISCUSで目に留まったので思いつきでレンタル。どんなものかと鑑賞してみた。


→続きを読む

ラスト・アクション・ヒーロー

「ラスト・アクション・ヒーロー」を観た。
lastactionhero.jpg

アクションヒーローが活躍する映画『ジャック・スレイター』シリーズが大好きな少年ダニーは、ある日魔法のチケットを手に入れ映画の世界に入り込んでしまう…。 

シュワちゃん映画がどうしても観たくなってこの作品をチョイス。1993年公開だから、もう13年も前の作品です。個人的にはシュワちゃん映画の中でも3本の指に入るほどのお気に入りの作品なんです。というわけで久しぶりに観なおして見た。



→続きを読む

ソウ3

「ソウ3」を千日前敷島シネポップにて鑑賞。
saw3-small.jpg

殺人現場である小学校に呼び出された女刑事ケリーは、ホッと胸をなで下ろした。 死体が行方不明となっていたエリック刑事ではなかったが、鎖に繋がれた死体は爆弾でバラバラに飛び散っていた。また始まった?でも、ジグソウはもう動けないはずなのに、しかも、今までのジグソウのパターンとは違う・・・。
その日の夜、ケリーは何者かに拉致され、気が付くと、円い空洞状の地下室に監禁されていた。


観ないわけにはいかないこのシリーズ。実は生まれて初めて前売り券というヤツを買ってしまいました。指定は当然初日朝イチ!寝坊でドタキャンしてしまうとパーになっちゃうので不安だったのですが、起床予定時刻の10分前にパッチリと目が覚めました。普段は計ったかのように10分後にしか目が覚めないんですけどね。どうしてこの体内時計は平日仕事の時に作動しないんだと思いながら劇場到着。期待して鑑賞開始。

どうだったかというと・・・→ranking


→続きを読む

レンタルビデオ屋始めました!

linさんのとこで見かけたこのバトン。面白そうだったので勝手に拾ってきた。

◆内容
あなたは明日いきなりレンタルビデオ『雑記のーとver.2』店をオープンしなければならなくなりました。
と、とにかく今すぐタイトルをそろえなきゃ!でも、数が!!せめて五十音につき一本ずつはそろえなきゃカッコも付きません!
それにどうせなら自分が好きな映画でそろえたい。とにかく発注先へ電話して…。
さて電話口であなたは何を注文しますか?

◆ルールは以下の通り。
1、自分の好きな映画から選ぶ
2、1監督につき1作品とする
3、自力で思い出す
4、外国映画、日本映画は問わず



→続きを読む

ラブ・アクチュアリー

「ラブ・アクチュアリー」を観た。
loveact.jpg

12月のロンドン、人々は幸せなクリスマスを迎えようと、ささやかな夢を胸に毎日を過ごしていた。秘書に恋をした英国首相、義理の息子との関係に悩む父親、ポルトガル人のメイドと恋に落ちる小説家、夫の浮気に気付き、悶々とした日々を過ごす熟年の主婦、親友の恋人に思いをよせる新進画家、新曲のクリスマスソングに起死回生を賭ける元ロックスター――。クリスマスに人生のクライマックスを迎えることを、誰もが願っていた。

「この映画いいよ!」と何人からも言われるとなんとなく手が出づらくなってしまうことってありますよね。でもそういう映画に限って、いざ観てみると「なんでもっと早く観なかったんだ!おれのバカバカ」と後悔してしまうくらいの良作だったというのもお決まりのパターンです。私にとってこの映画もそんな作品の中の一つ。

というわけでDISCUSで物色中にたまたま発見したので衝動的にレンタル。期待して観た。


→続きを読む

雨上がりの駅で

「雨上がりの駅で」を観た。
compagnaa.jpg

自由奔放な少女・コラは、友人に頼まれ老人・コジモの尾行をすることに。理由もわからずにイタリアを放浪する中、コラは自分自身と向き合っていく。

アーシア目的以外の何物でもない動機でレンタルPART2。今回は10年も前の作品で、しかも真面目な映画ということで不純な動機は封印しての鑑賞となりました。

→続きを読む

テキサス・チェーンソー ビギニング

「テキサス・チェーンソー ビギニング」を梅田ブルク7にて鑑賞。
texaschainsaw.jpg

1939年8月、生後すぐに捨てられた赤ん坊がゴミを漁っていた女に拾われ、トーマスと名づけられヒューイット家で育てられる。やがて食肉処理工場で働き始めた彼は、工場が閉鎖された衝撃から工場長を殺害。一方、テキサス縦断旅行に出ていた4人の若者たちは、保安官になりすましたトーマスの叔父に連れ去られてしまい……。

映画館へは月に1~2回くらいしか行かないくせにこんな映画をチョイスしてしまう自分って一体何なんだろうとフと思ってしまいます。最近劇場へ足を運んだ映画といえば、バタリアン4→ファイナル・デッドコースター3→氷の微笑2→そして本日のテキサスチェーンソー ビギニングですからね。改めて書いてみると何だか頭痛がしてきました。

「父親達の星条旗」でも見て「いっちょ反戦デモでもやったるか~」などと思っていたのですが、気がつくと「テキサス・チェーンソー大人1枚。センター後ろ寄りで両サイド人いない席でヨロシク♪」なんて言葉がでてるからイヤになります。

そんなわけでいつの間にかこの悪趣味映画のチケットが手にあったので仕方なく鑑賞してみた。


→続きを読む

指定バトン「映画」

いつも良くしていただいている「ジョニーからの伝言」のhiroさんより「指定バトン」なるものを頂きました。もらえるものは全てもらうという我が家の家訓にのっとり、今回もありがたく頂戴いたします。

今回の指定は「映画」。漠然としてます(笑)ということでインスピレーションを大切に回答していく所存であります。


→続きを読む

氷の微笑2

「氷の微笑2」を天六ホクテンザにて鑑賞。
instinct2-poster2.jpg

ある夜、ロンドン・テムズ川に一台のスポーツ・カーが猛スピードで転落するという事故が起きる。車に乗っていた超人気サッカー選手は死亡。同乗していた女性作家キャサリン・トラメルだけが生き残る。これまでも他の殺人事件の容疑者となっていたキャサリンは、事件の容疑者として精神鑑定を受けることに。キャサリンの鑑定を担当した精神分析医マイケル・グラス博士は、だんだんとキャサリンの妖しい魅力に引き付けられていく……。

衝撃の1作目から早14年、ついに続編が公開となりました。私、1作目公開時はまだ中学生でした。思春期真っ盛りの純粋無垢な少年にはチョー刺激的でしたよ。はっきり言って鼻血ブーでしたからね。劇場で鼻にティッシュ詰めながら鑑賞したのは後にも先にもあの時だけです。→ranking


→続きを読む

パッション

「パッション」を観たような観てないような・・・
passion.jpg

“光”と“音”を自在に操り、ユニークな映像美で魅せたゴダールの映画界復帰第2弾。主演にイザベル・ユペールを迎えて、スイスの小村を舞台にビデオ映画のクルーや女工たちの姿を魅力的に描く。

今までずっと避けてきた監督作品に、ついにチャレンジしてみた。

映画が好きという人間なら誰もが知ってる、観たこともないくせに名前だけは何故か知ってるあの超巨匠です。ジャン・ポール・ゴルチェでもジャン・ピエール・ポルナレフでもありません。

ジャン・リュック・ゴダールです。

やったるで~、とよくわからない気合と共に、鼻息を荒くして鑑賞開始。



→続きを読む

過去のない男

「過去のない男」を観た。
4527427650053.jpg

ある日列車に揺られ、夜のヘルシンキに流れ着いた一人の男。公演のベンチで夜明けを待っていた彼は突然暴漢に襲われ、瀕死の重傷を負う。男は病院で奇跡的に意識を取り戻すが、過去の記憶を全て失っていた。

フィンランド映画は始めてです(たぶん)。監督であるアキ・カウリスマキという名前はどことなくじゅわいよくちゅーるまきに似ているので(どこが)一度聞いたら忘れません。そんなわけで評判もいいことだしずっと気になってたこの作品を鑑賞してみた。

→続きを読む

24 -TWENTY FOUR- シーズンV 総括

「24 -TWENTY FOUR- シーズンV」鑑賞終了。
20061108000311.jpg


いや~面白かった!

11月3日に10~12巻がレンタル開始されたのですが、借りれたのが三連休最期の日曜の夜ですからね。1巻あたり20本くらい入荷されてたのですが、常に在庫0ですよ。人気の高さが伺えますね。


→続きを読む

ザ・キーパー【監禁】

「ザ・キーパー【監禁】」を観た。
4907953005235.jpg

家出、売春、麻薬、暴行・・・。数々の補導歴を持つストリッパーのジーナは、堕落した生活を送りながら、今夜も舞台で妖艶な肢体をさらしていた。ショーが終わり、ボーイフレンドと入ったモーテルの一室。突如侵入した暴漢に彼は殺害され、ジーナは間一髪のところで助けられる。しかしクレブス警部補は、事情聴取を終えて帰路につくジーナを連れ去り、自宅の地下室に監禁してしまったのだ。

アーシア目的以外の何物でもない動機でレンタル。といっても実は観たのは今年の2月だったりします。いつか書こうと思いつつ気がついたらもう秋ですからね。基本的に観た映画はすぐに記事にするようにしてるんですが、何故かこの作品だけ放置状態でした。というのも、思いっきり期待ハズレだったからなんですね。

ナニが期待はずれだったかというと・・・


→続きを読む

Do You Like Hitchcock?

「Do You Like Hitchcock?」を観た。
rendercmsfield.jpg

映画を専攻している学生ジュリオ。覗き趣味のあるジュリオは幼い頃に目撃してしまった惨劇の悪夢に悩まされていた。そんなある日、いつも覗いていた向かいの家で殺人事件が起きてしまう。ヒッチコックの映画になぞらえながら推理を進めるジュリオだったが・・・

ダリオ・アルジェントの新作!たまたまツタヤで発見して光の速さでレンタルしてしまいました。

「ヒッチコック&ダリオ・アルジェント 奇跡のコラボ!」

なんて仰々しいキャッチコピーがついてたのですが、まぁダリオさんのビデオスルー作品ということで、そのへんは生暖かい目で見守ってあげましょう。期待したらダメとわかっちゃいるけど期待せずにはいられないという、何だかよくわからない胸のトキメキを感じつつ鑑賞開始。

→続きを読む

戦場のアリア

「戦場のアリア」を観た。
4988111282682.jpg

1914年、第一次大戦下のフランス北部デルソー。わずか数十メートルを隔てて築かれた2つの塹壕。一方には優勢に進めるドイツ軍。もう一方にはスコットランド軍の援軍を得てねばり強く戦うフランス軍。激しい戦闘が続き、両軍とも譲らぬままやがてクリスマスを迎えようとしていた。

→続きを読む

美しき運命の傷痕

「美しき運命の傷痕」を観た。
pc-b_250-350.jpg

父親をある出来事で失った三姉妹。それから22年後、彼女たちは美しく成長するが、長女ソフィは夫の浮気に悩み、次女セリーヌは男性との距離のとり方が不得意で恋人ができず、三女のアンヌは父親への強い憧れから、年の離れた大学教授と不倫関係にある。それぞれ問題を抱える3人であったが…。

クシシュトフ・キエシロフスキ監督がダンテの神曲から着想を得て残した「天国」「地獄」「煉獄」の遺稿から、「地獄」を「ノーマンズランド」のダニス・タノヴィッチ監督が映像化した作品です。


→続きを読む

クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。