スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪人バトン

奈良人の私ですが、面白そうだったのでやってみる「大阪人バトン」。「大阪民国の国民じゃないくせに勝手にやるなやニダ!」とか言われそうですが、関西のお仲間として大目に見てやってください。

ということでスタート。

→続きを読む

スポンサーサイト

マスターズ・オブ・ホラー

「マスターズ・オブ・ホラー」を観た。
masters6yw.jpg

古今東西のホラー映画の巨匠監督13人の夢の競作!ホラー界の伝説的監督=マスターズ・オブ・ホラー13人が集結して、恐怖をモチーフに60分間のエピソードを描く新作を競作、まさにホラー映画の未来をかけたドリームプロジェクト。

13人のホラー界の巨匠達が参加したホラーオムニバス。ダリオ・アルジェントも参加しているとのことで気になってたんです。早くもDVD化されていたので早速レンタルしてみた。DVDの数が何と7本!とりあえずアルジェント作品が収録された巻をチョイス。アルジェントの最新作ということで期待して鑑賞開始。


→続きを読む

僕と未来とブエノスアイレス

「僕と未来とブエノスアイレス」を観た。
BIBF-6554boku.jpg

南米、アルゼンチンのブエノスアイレス。ユダヤ系の青年アリエルは、その下町の小さなガレリア(アーケード商店街)で、母のランジェリーショップを手伝っている。アリエルの父は、彼が生まれてすぐにイスラエルに戦争に行ったまま戻ってこないが、毎月、国際電話をかけてくる。何となく将来に不安を感じるアリエルは、ポーランド国籍のパスポートを取ろうとするが、本当に外国に行きたいのか自分でもわからない。そんな中、突然父が帰ってきた…。

「第54回ベルリン国際映画祭 銀熊賞W受賞(審査員特別大賞・最優秀主演男優賞受賞)のハートフルムービー」なんてコピーと、南米映画って普段あまり馴染みがないので興味を持ってレンタルしてみた。

→続きを読む

血を吸う宇宙

「血を吸う宇宙」を観た。
tiosuu.jpg

娘が誘拐されたと警察に駆け込む倉橋里美。だが刑事たちが待機しているところに帰ってきた夫の清彦は、この家に娘などいないと告げる。そこへ乱入してきた女霊媒師・間宮悦子は、使い魔である“首なし女子高生”を飛ばし、里美は一軒の家にたどり着く。

一部の人には傑作カルト映画「発狂する唇」の続編ということでレンタル。私個人としても発狂する唇はちょびっとだけ傑作のような気がしないでも無いです。あの作品にはとんでもないインパクトと馬鹿馬鹿しさがありました。

そんなわけで密かな期待を胸に秘めつつ鑑賞してみた。


→続きを読む

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

大脳分裂

「大脳分裂」を観た。
dainoubunretsu1.jpg

理性を司る左脳が完全に破壊され、直感力と想像力を司る右脳だけで生きる男は、まさに人間の凶悪性を象徴する存在となる。理性の抑制が無くなったことで、心の奥に潜んでいた妄想だけが自我となってしまう。

いつもお世話になっている39☆SMASHのマイコさん(ロマンチッカー★)が猛プッシュされるので、どんなロマンチックな作品なんだろうと期待に胸をときめかせながら鑑賞してみた。→ranking



【注意】この先はエログロ画像・エログロ表現を含みます。観る時は自己責任でお願いします。【注意】

→続きを読む

サウンド・オブ・サンダー

「サウンド・オブ・サンダー」を観た。
soundofth.jpg

西暦2055年。人類の長年の夢・タイムトラベルが可能になった時代。6500年前にタイムトラベルし、恐竜狩りを楽しむという画期的なツアーが人気を集めていた。しかし“わずか1.3gの何か”を過去から持ち帰ってしまったことで全ての生態系に異変を起こしてしまった。

「近未来SFパニック映画」といわれれば観ないわけにはいきません。私の大好物のジャンルです。世評はかなり厳しかったのですがそんなことはお構いなしにレンタルして鑑賞開始。


こ、これは・・・・



→続きを読む

ブラックキス

「ブラックキス」を観た。
blackkiss1.jpg

とあるホテルで起きた猟奇的な殺人事件。犯人は殺害後に死体を芸術的に装飾し、黒いキスマークを残していた。モデルを目指し上京してきたアスカは、偶然にもルームメイトとなったカスミの部屋からその殺害現場を目撃してしまう。

心霊ホラー以外で邦画を見るのは久しぶりです。邦画ってあまり好きじゃないんですよね。何が嫌って台詞が聞き取り辛いのが一番嫌なんです。ボソボソしゃべるシーンなんて通常の音量だと何言ってるのかサッパリわかりません。仕方なく通常の1,5倍くらいまで音量を上げて耳を凝らしていると、次の瞬間「キャー」とか「ガシャーン」とか「ズキュウゥゥン」とかの効果音が爆音で鳴り響くから心臓が止まりそうになります。

そんなわけで普段はあまり観ない邦画ですが、この作品は昔予告編を観て面白そうだったのを思い出して何となくレンタルしてみました。

で、どうだったかというと・・・


→続きを読む

ロード・オブ・ドッグタウン

「ロード・オブ・ドッグタウン」を観た。
locandina_dogtown.jpg

カリフォルニア州ヴェニスビーチの貧しい人々が暮らす通称“ドッグタウン”で育った3人の少年トニー、ステイシー、ジェイは毎日サーフィンとスケートボードに明け暮れていた。そんな彼らの生活を一変したのはサーフショップのオーナーが入手したウレタン製の車輪のスケートボード。神器を手に彼らは“Z-BOYS”を結成、平坦なストリートからはみ出した立体的でワイルドなスケーティングスタイルは、次々と伝説を作り上げてゆく─。

深夜の駅前やアーケードでゴロゴロいわせてスケボーしてるウザガキって上手い人見たことありません。大抵はジャンプひとつまともに決められない。そのくせ我が物でゴロゴロゴロゴロと爆音を響かせながら騒いでるから迷惑極まりないです。

→続きを読む

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

ユニバースケール

「極小世界から宇宙の果てまで」

面白いサイトを見つけたのでご紹介。「あらゆるものの大きさを物差しで計る」という、ものすごくシンプルなんだけどすごく難しい、そんなことを非常にわかり易く、そして面白く作りこんであるサイトです。

最小単位が「fm」(フェムトメートル)なんて知ってました?私はpm(ピコメートル)までしか知りませんでした。そして「光年」て「light year」って言うんですね。そのまんま(笑)

「pm」の説明文のところにある未来のテクノロジーとして「ナノテク」ならぬ「ピコテク」という記述には何だかよくわかりませんがドキドキしてしまいます。

とっても面白くて知的好奇心がムクムクと沸きあがってくるのを実感できるサイトです。


universcale

シン・シティ

「シン・シティ」を観た。
sincity.jpg

幼女連続殺人事件を追いつつも、犯人が権力者の息子だっかことから、逆に逮捕されるハーティガン刑事。一夜を共にした娼婦が殺され、復讐に燃える前科者マーヴ、悪徳警官を追いつめるドワイト。3人の男たちが愛と信念をかける、3つのエピソードが展開していく。

ジェシカかわいいよジェシカ

というジェシカ目的だけではなく、以前から観たい観たいと思ってたんですが、すっかり忘れてました。ツタヤでたまたま目に入ったのでレンタル。


→続きを読む

DOOM ドゥーム

「DOOM ドゥーム」を観た。
mainlogodoom.jpg

ある日、火星にあるユニオン宇宙社オルドゥヴァイ研究所から“極秘研究の被験者が脱出、至急ここを封鎖しろ”との救援要請が入る。早速、カリフォルニア海兵隊特殊作戦本部RRTS<緊急対応戦略部隊>の精鋭8人が選ばれ、火星へと送り込まれる。

「究極のSFホラーアクションを体感せよ!」

こんなことを言われたら観ないわけにはいきません。これは私の大好きなジャンルですね。パッケージの表だけ見てレンタルしました。


→続きを読む

ユナイテッド93

「ユナイテッド93」を梅田OS劇場にて鑑賞。
united93.jpg

2001年9月11日、アメリカ国内の空港を飛び立った旅客機4機が、ほぼ同時にハイジャックされる。うち2機はワールド・トレード・センターに、もう1機は国防総省ペンタゴンに激突炎上した。しかし残る1機、乗客40人を乗せたユナイテッド航空93便は、なぜかターゲットに到達することなく、ペンシルヴェニア州に墜落した。

「戦争や!戦争が始まった!」

5年前の9月11日、あれは夜の22時頃だったでしょうか。仕事から帰宅してリビングに入ると、父親が興奮気味に叫んだんです。TVを観てみると炎上するWTC。一体何が起こっているのか全く理解できないままTVに釘付けになったのを今でも鮮明に覚えています。

「飛行機が突っ込んだ」という事実を聞いても、唐突すぎてピンと来ない。「何が起こってるの?」と父親に話を聞いているまさにその時、2機目が突っ込んだんです。あまりの現実感の無さに只々、呆然としてしまった。あの夜の事は多分一生忘れないでしょう。→ranking



→続きを読む

テーマ : ユナイテッド93
ジャンル : 映画

発狂する唇

「発狂する唇」を観た。
hakkyou.jpg

女子中学生の首が切り落とされる連続事件が発生。しかし容疑者の倉橋美智夫は行方をくらましていた。美智夫の無実を願う妹・里美は兄の捜索と真犯人探しを霊能者の間宮悦子に依頼する。

う~ん、カルト。

なんだこりゃ?

って言ってしまうくらい、誰がどう見てもカルト。

だが、それがいい。

→ranking

→続きを読む

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

近日公開の観たい映画

今年の「夏休み映画」は個人的にイマイチ魅力的な作品が少ないです。目玉は「パイレーツ・オブ・カリビアン」と「ゲド戦記」なんでしょうけど、どっちもあまり興味ないんですよね。公開前は「暇なら行こうかな」くらいの気持ちだったんですが、今となっては暇でも行こうと思えません。DVDになったら借りることにします。

そんなわけで次に観たい劇場公開映画。


→続きを読む

空中に浮かぶベッド

「空中に浮かぶベッド」オランダ人建築家が開発(ITmediaNEWS)
bed


Sugeeeeeee!!!!

なんでも「2001年宇宙の旅」のモノリスから着想を得て開発したそうです。いや~こういう発明って夢があってイイですね。これは是非今後の近未来SF映画の小道具として使っていただきたいです。ちなみにお値段は120万ユーロ(1億7700万円)。といっても床とベッドに埋め込まれた磁石の反発力によって浮いてるみたいなので、買うなら家の改築が必要?(笑)


記事が気に入りましたらクリックお願いします!→映画ブログランキング

ファンタスマゴリア~闇に封印された映像コレクション~

「ファンタスマゴリア~闇に封印された映像コレクション~」を観た。
4527433060211fanta.jpg

9月10日深夜に新宿ロフトプラスワンで行われた映像イベントを小中千昭監修でDVD化。5人のプレゼンターが発掘した“本当に怖いフィルム”を携えて集結。「ホームムービー」「新婚旅行」「ブルーフィルム」「心霊」「念写実験」「残響」を収録。

日本の夏、心霊の夏・・・

ということで、ゾっとしたくてホラー映画を物色中に偶然発見したこの作品。流行のJホラーよりも、こういう「本気恐怖」ってのを観たくなってレンタルしてみた。で、どうだったかというと・・・

こ、これはマジでヤバイ・・・・


→続きを読む

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

ファイナル・ディスティネーション

「ファイナル・ディスティネーション」を観た。
finaldes.jpg

フランスへの修学旅行に心躍らせながら、離陸間際の飛行機に乗っていた高校生アレックス。そのとき彼は飛行機が大爆発する悪夢を見て、そのあまりのリアルさに驚き、機内から逃げ出して、教師や友人ら6人が彼を連れ戻そうと後を追う。やがて、彼らを残して離陸した飛行機は、夢のとおり大爆発してしまった。奇跡的に難を逃れたかに思えたが、本来死ぬ運命であった彼らにも、その後、死の運命が訪れる…。

何年か前に「デッドコースター」という映画をこの作品の続編と知らずに観たときのインパクトは凄いものがあった。ストーリーのテンポの良さと登場人物たちの死にっぷりの豪快さで強烈な印象が残っています。それにしても何で「デッドコースター」なんて1作目のタイトルを無視した邦題を付けるのか理解に苦しみます。

というわけで当時の強烈な印象を思い出しながら、今作を鑑賞してみた。

→続きを読む

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

ディア・ウェンディ

「ディア・ウェンディ」を観た。
dear_wendy.jpg

アメリカの小さな炭鉱町に住む青年ディック。坑内が苦手で食料品店で働く彼は、炭鉱で働けないことに劣等感を抱いていた。ある日、家政婦の孫の誕生日プレゼントにとおもちゃの銃を買ったディックだったが、結局それを渡すことはなく、ダンボール箱にしまいこむ。数年後、父を亡くしたディックは、ダンボールの底から銃を見つけ出す。

箱庭のような街、それはリトル・アメリカ

→続きを読む

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

ウェインズ・ワールド

「ウェインズ・ワールド」を観た。
4988113750578.jpg

ウエイン・キャンベル(マイク・マイヤーズ)はティーンエージャー。オタクキャラのガース(ダナ・カーヴィ)は親友だ。イリノイ州オーロラにある自宅に両親と一緒に住んでいて、ローカルのケーブルTVで自主制作のショーを放送している。

昨日に引き続き音楽映画第2弾ということでこの作品をチョイス。私ってアメリカンコメディに苦手意識を持っていて、今までずっと避けてたんですよ。でもそれじゃイカンと思いなおし「食わず嫌いをなおす」というマイテーマの元、このマイク・マイヤーズ主演のコテコテコメディを鑑賞してみた。

で、どうだったかというと・・・

→続きを読む

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

エンパイア・レコード

「エンパイア・レコード」を観た。
empirerecords.jpg

昨日の売上9000ドルが閉店係のルーカスとともに消えてしまったことでパニックに陥っている店長。画家志望のAJは、同僚のコリーに告白しようと決意しているのだが、当の彼女は往年のスター歌手・レックスがキャンペーンで来店することで胸躍らせ、ついには彼にヴァージンを捧げると、親友のジーナに宣言する始末。そんな中、店が大型チェーン店に買収されるとの噂がたち…。

音楽映画が無性に観たくなったのでこの作品をチョイス。「音楽映画にハズレ無し!」というマイ定説の元、期待して鑑賞。

→続きを読む

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。