スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反日戦争 オンライン

中国、ネットゲームに3時間の制限

中国は3時間の時間制限を2006年にMMOゲームに導入したい考え。制限時間を超えたプレイヤーはキャラクターの能力などを失う。(IDG)




てれびげーむのプレイ時間を国が定めるそーです。


24時間体制であらゆる国外産ゲームに常駐し、RMTで外貨を獲得しまくる企業が普通にある国ですけども。

ちなみに、オンランゲームRMTの2005年度の市場規模は日本円にして1000億円だとか。
半分以上は中国じゃねーの?( ´_ゝ`)


国外産のMMOにも是非その法を適用してもらいたいもんですね。
まー適用されるわけないが。


そんな政策を平気で打ち出す国ですが、さらに驚きのニュースがその記事の下のほうに載ってます。

この規制は確かに奇妙なニュースだが、もっと奇妙なのは、中国自身が国家主義的なオンラインゲームを国民に推奨していることだ。

 Interfaxは、中国のゲームパブリッシャーPowerNet Technologyが中国共産主義青年団(CCYL)の支援を受けて新しいMMOゲームを開発すると伝えている。

 このゲームは「Anti-Japan War Online」と呼ばれ、以前から2国間の関係の特徴となっている政治的不和を利用している。同ゲームは今年開始される予定で、1937~1945年の日本の中国侵略を再現し、プレイヤーに「侵略者から母国を守るために戦う時の愛国感情」を与えると、PowerNetのプロジェクトマネジャー、リウ氏は語る。

 プレイヤーは協力して日本軍に対抗するが、中国の味方をしなくてはならない。日本軍の兵士としてプレイするオプションはない。




でた!反日ゲーム!
その名も「反日戦争 オンライン」!!!



つーか、MMOの青少年への悪影響を考慮してのプレイ時間規制案を出しときながら、反日プロパガンダゲームですか!

もう、 ( ゚д゚) ポカーン ですよ。

韓国でもこの手のゲームはあるみたいですが、ここまで直球なのは中国ならではw

「健全な青少年」のうちに、誰もが親しむゲームを通して反日教育を刷り込んでしまおうというわけです。




「なになに、MMO?なにそれ。てれびげーむ?ふ~ん。え、そんな中毒性あるの?ハマリすぎる青少年に悪影響がでてるのか。
なんてこった!世界の中心に君臨する、我が中華人民共和国の未来を担う若者達がゲーム中毒だなんて!早速規制だ!(#゚Д゚)」

「う~ん、でも待てよ。若者をそこまで虜にするオンラインゲーム・・これは使える!よし、いつものアレに応用しよう!早速アレのゲーム制作にとりかかるんだ!え、何かって?反日だよ反日。わが国でアレって言ったら反日にきまっとろーが!! (゚Д゚#)」


こんなやりとりが中国のえらい人の中であったかどーか知りませんがw


一党独裁国家のプロパガンダってエゲつないなぁ~、などと改めて思ったニュースでしたとさ。







スポンサーサイト

テーマ : オンラインゲーム紹介
ジャンル : オンラインゲーム

STAND BY ME

なんか無性に見たくなる映画ってありませんか?

おれにとってそんな映画のひとつ
「STAND BY ME」
名作です


「映画みるの好き」っていうとよく「ベスト3何?」って聞かれるんですがこの映画は間違いなく「私的ベスト3」にはいる。ちなみにもうひとつはターミネーター2。
この2つはパっと頭に浮かぶんだけど、あと1つがなかなかでてこないっス。

数だけは相当の映画みてると思うんだけども、この上位2つを見たときの感動と衝撃を超えるのには出会ってないなぁ。

やっぱ幼い頃に見た素晴らしいモノってのは鮮烈な印象を残すものなんでしょうか。

→続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画2本立て

恒例の課長DVD

ボーン・スプレマシー
サル顔マット



自分ではまずレンタルもしないだろうな、と思われるスパイアクション映画。こういうアクション映画って、金払ってレンタルはしないんだけど、見ればそれなりに面白いんですよね。
ただ、面白いけどそれ以上でもなければそれ以下でもないというか。
まぁアクション映画ってそんなものなのかもしれませんが。半分寝ながらでも楽しめる映画、ってカンジでw



主役の記憶を無くしたスゴ腕の元スパイを演じるのはマット・デイモン。個人的に、どーもこの俳優の魅力が昔から理解できないんですよね。ハリウッド「スター」なんだけども。
つーわけで何がすごいのかちとググってみた。


マット・デイモン Matt Damon 
生年 ■ 1970/10/08
出身地 ■ アメリカ/マサチューセッツ州ケンブリッジ

■本名はMatthew Paige Damon。2歳の時両親が離婚し、大学で教鞭を取る母の下で育つ。「スター・ウォーズ」を見て役者を目指すようになり、その後演技教室に通い、舞台も経験する。17歳の時「ミスティック・ピザ」の端役で映画デビュー。ハーバード大学に籍を置きながら出たTVドラマで注目を受け、「戦火の勇気」で印象を残す。8歳の頃からの親友、ベン・アフレックとの共同脚本である「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」でアカデミー脚本賞を受賞。俳優としても同作で主演賞にノミネートされた。その後も「レインメーカー」や「プライベート・ライアン」、「リプリー」などに出演、順調にキャリアを重ねる。02年には「ボーン・アイデンティティー」で骨太のアクションを披露、新境地を開拓。興行面でも全米で1億ドルを超える大ヒットとなり、彼自身の俳優人生においても重要な節目の作品となる。その続編「ボーン・スプレマシー」は、前作を凌ぐヒットとなり、ハリウッドにおけるスーパースターとしての地位を不動のものとした。




ふーむ。確かにすごいですね。アカデミー脚本賞までとってるし、演技の方も主演男優賞にノミネートですか。
すごいんだけど、なんつーかこう、ワンパンチ足りないというかなんというか。他の「ハリウッドスター」ってすごい「カリスマ性」みたいなの感じるんですが、この人にはそれが感じられないんですよね。

100人の群集の中に混じっても一目でわかる、それがハリウッドスター(w。この人だと10人の中に混じっただけでわからなくなりそうで・・・なんか個性なくて(-_-)



つーか、マット・デイモンってサル顔だし( ´_ゝ`)



「ボーン・スプレマシー」
★★☆☆☆




続いて、今度は自分でレンタルした映画。

エレファント
「青春」映画か?



1999年にアメリカ、コロラド州コロンバイン高校で実際に起きた在校生2人組による銃乱射事件を元にした映画。

当時ニュースやら新聞やらで事件を知った時は「アメリカってなんつー恐ろしい国や((((;゚Д゚)))」なんて思ったモノですが。


どんな映画だったかというと

1999年に起きた米コロラド州コロンバイン高校の銃乱射事件をモチーフに、「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」のガス・ヴァン・サント監督が、事件が勃発するまでの高校生たちの一日を淡々と描いた青春ドラマ。なお、本作は2003年カンヌ国際映画祭でパルム・ドールと監督賞のW受賞という史上初の快挙を果たした。
 オレゴン州ポートランド郊外のワット高校。ある初秋の朝、生徒たちそれぞれの、いつもの一日が始まる。ジョンは、酒に酔った父と車の運転を交代して学校に到着。だが、遅刻した彼は校長から居残りを言い渡される。写真好きのイーライはポートレート制作の真っ最中。女子に人気のアメフト部員ネイサンはガールフレンドと待ち合わせ、食堂では仲良しの女子3人組がダイエットや買い物などの話で持ちきり。そんな中、いじめられっ子で内向的なアレックスとエリックは、ネットで入手した銃器を手に学校へ向かっていた…。




っつー筋書き。
ここで気になるのが文中にある「青春ドラマ」の文字。
レンタルしたTUTAYAでも「青春ドラマ」って書いてあったんですよ。

で、実際に見て。

これ青春ドラマじゃないだろ(;´Д`)


何ですか、十代の人間描けば何でも青春映画になるんか?と。
物語は1本の時間軸を基に、複数の生徒達のその日一日の行動を追いながら「淡々と」ラストにむかって流れていく、ってかんじの作りだったんですが。

ホントに淡々と、というより「無機質」に生徒の行動を追うだけなので、十代っぽい喜怒哀楽の描写なんかほとんど無いわけで。
あってもあくまで「無機質」にしか撮ってないので全然そーゆーのも伝わってこない(わざとそう作ってある)。

で、悲惨なラストまで続くと。
一体これのどこが「青春ドラマ」なんだ?テーマがテーマだけにバッドエンドなのは仕方ないにしても・・
なんとなく腹立たしかったり。まぁ、コピーに腹立てても仕方ないんだがw

映画自体は評価が割れる作品かなー、と。

映像はキレイで繊細なかんじで音楽はクラシック。視覚的には芸術作品っぽい仕上がりで良いカンジ。
ただ、内容に救いは無い。まぁあの事件のハナシだけに当然ですが。
演出も、先に書いたように、ひたすら淡々と生徒の一日をおいかけるだけ。たぶん、見てる人間に色々考えさせる為に敢えてそうしたんだろうけども・・・・

見てて眠いよママン(;´Д`)


あまりに物語(というのもどうかと思う内容)に起伏がなさすぎて。

「観客に考えさせる映画」なんだろうけど、考える前に眠っちまいますよ監督サン。


まぁ、「深いぜ!素晴らしいぜ!名作だ!」と手放しで絶賛する人が多そうな映画ではある(-ωー)

ちなみにタイトルの「エレファント」。
「It's the elephant in your living room」(群盲象を評す)と言うことわざからきてるらしい。

複数の盲人が一匹の象を触ってみて、象とは如何なる動物かと語ってみる。しかし同じ象であっても、触る部分によって人それぞれに象への印象が違ってくる。「論ずる対象が同じであっても、その印象も評価も人それぞれに異なる」と言う意味である。また、「僅か一部分を取り上げたところで、その事象の全てが分かる訳ではない」と言う意味でもある




フーン
このタイトルつけた奴はきっと性格悪いに違いない(-ωー)ケッ



「エレファント」
★★☆☆☆




Brogランキング

テーマ : 映画かってに評論ww
ジャンル : 映画

Yesterday Once More

今日は3日とっていいお盆休みの最後の一日でした。

昨晩、学生時代にバイトしていたカラオケ屋のメンバーと5年ぶりくらいに集まって飲みにいってきました。

当時ガングロルーズソックス(死語)でキャピキャピ言ってたコギャルちゃんも、今はOLしてるとかですっかり落ち着いたキレイな大人の女っぽく変身してたのにはビックリ。

いやー女って変わるもんですね。

ヤローどもは全くかわってなかったのに。
当時29歳フリーターで週末になると毎週のようにいっしょに街へ繰り出してた遊び友達だった人も全くかわってなく、現在34歳のフリーt(死


バイト時代ひそかに想いをよせていた(よーするに好きだった)人もきてまして。ずっと彼氏がいて結局最後まで告れなかったんですけどね。ひとつ上のその人はその頃からけっこー可愛かったんだけど、5年ぶりにあってみると・・・



めっさ美しくなっとるやんけええええええ!!!(゚Д゚)
くそおおおあの時ゲットしとけばよかったあああああ!!11(無理)




なんでも今は東京で某大手広告代理店(電○)に勤めてるとかで・・
すげーぜ
まぁ当時から高嶺の花だとおもってましたよ、ええ(-ωー)


フーンと思いながら昔も今も冴えないヤロー共とくだらない話をしながらガバガバと飲む飲む。

いつもお酒は絶対自分のペース崩さずに飲むようにしてるんだが、この日はなんかペース乱れまくりでヘロヘロに。


2軒目いく?みたいな流れだったんですが、すでに酔いと眠気が限界突破しそうだったので「おさきに~(;´Д`)ノ」とヘタレ帰宅。


はー

ちかれた

学生時代はホント自由で楽しかったな~、なんてしみじみと思い出しながら・・・


やっぱあの時告っときゃよかったZEEEEEEE!!111(だから無r)



ぱたんキュー





Brogランキング















テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ファンタスティック・フォー

ファンタスティック・フォーって映画やるそうで。SFモノって聞いたので気になって公式サイト見てみた。


!!






!!


ジェシカ・アルバでてるじゃありませんか(゚Д゚)
なにを隠そう、おれはダークエンジェル以来、ジェシカ・アルバのプチファンなのです(プチかよ)

何が良いのかと言うと・・やっぱ顔でしょ!ちょっと童顔でポテっとした唇なんだけども、こーなんつーか小悪魔的な雰囲気をかもしだしつつ・・・スタイルめっさイイし(*´д`*)

あぁこの魅力を上手く伝えきれない自分の語彙力の無さが恨めしい



ダークエンジェルでは遺伝子操作されて超人的な能力をもってしまった「ミュータント」の少女が、同じ境遇の仲間と共に組織に立ち向かっていく・・というベタベタな役柄だったのですが、これがなかなかハマり役でおもしろく、当時DVDで一気に見てしまったのです。(まぁ元々この手のハナシは好きなんです、個人的に。)

ジェームスキャメロンの製作総指揮ってことでかなりヒットして一躍有名になったんですが、それ以降良い作品にも恵まれずパっとしてなかったんですよね。


で、ここへきて「ファンタスティック・フォー」


あらすじは・・・?


天才科学者リード・リチャーズと彼の仲間たち、そして彼らを支える実業家のビクターは人類の進化を解明するために宇宙ステーションでの実験に取り組んでいた。しかし、実験の最中に予想外の宇宙からの高エネルギー光線を浴びたことによって、彼らの体に異変が起こり、それぞれ人間の力を超えた特別な能力を授かることに。突然起こった自分の体の変化に戸惑う彼らであったが、次第に自分たちの運命を受け入れていくようになる。一方、実験の失敗で名声と資産を失ったビクターは、喪失感のなかで仲間を恨むようになり、自分にも授かった特殊能力で邪悪な存在へと変わっていくのだった。





また突然変異の超人役かよ!ヽ(´Д`;)ノ



大作で2本つづけて超人役ってどうなんでしょう・・超人イメージで売っていくのでしょうか(-_-)


まぁカワイイからいいけどね!(*´д`*)


おまけ

拾い物ジェシカ・アルバ写真集

(*´д`*)

(*´д`*)

(*´д`*)

(*´д`*)

(*´д`*)

(*´д`*)ハァハァ



Brogランキング



テーマ : 見たい映画
ジャンル : 映画

オフ会inOSAKA

オフ会

なんとも怪しい、怖い、でもちょっと覗きたい、そんな魅力的かつ危険な香りのする響きですね。

むかーし、某コミュニティサイトのオフに一度行ってトラウマになってたので、「オフには2度と行くまい」と誓ってたんですが・・

好奇心に勝てず行ってしまいました。
「FFオフ会inOSAKA」

事前にY奥様から予備知識を仕入れつつ、ビビりながら出かけるおれ。
ちょっと早めに出てミナミをぶらついてから、待ち合わせ場所である天王寺へ。

現地到着。
「西口で待ち合わせ」とのメールを主催者のぱGクンにもらっていたので、とりあえず東口へ(-ωー)一服しながら心の準備を・・

なんでしょうこの緊張感は。
初めて道端で女のコに声かけたときよりもヨユーで緊張してたかもしれん(-ωー)

ドキドキしつついざ西口へ。
それっぽい集団が見当たらずぱGクンに「どこ?わからんから電話ちょーだい(゚Д゚)」とメールをうつ。

「もしもーし、ぱGです。いま手あげてまーす」

なんかこやつコナレテやがる・・と思いながら辺りを見回すと、電話片手に手あげてるニーチャンが(・∀・)

そこでやっと合流。
ファーストコンタクトはぱGくんでした( ´∀`)ヴァナではこにくらしいぱGクンですが、なにやらおぼこくてサワヤカっぽいぞ(・∀・)

すでに集まってた数名を紹介してもらっている間にも続々と人があつまってきます。
「この人があのキャラか、ほ~」「あの人はこのキャラか、へ~」などと思いつつ、得ていた事前情報でもっていたイメージから遠からず近からずってカンジで特に違和感もなく、普通におしゃべり。
なんか良いカンジ。結構親しみやすいかも(・∀・)



そんな中、事前情報無しなのにイメージどおりの男が登場。



おれの初対面での第一声。



「ジブン、しょHさんやろ!」(めっさ失礼w)


ばお「おれ、ばおばおw」
しょH「え、ばおさん!?」

2人「ウハハハハ」

なんかいきなり親しみやすいキャラ登場w聞けば同い年とかで、関西人だし妙な親近感が(・∀・)
他にも年近い人も多く(しゃRMさんタメ・えうGさん・ぶCHさんそれぞれ1つ違い)なんかイーかんじ。

えうGさん・ぶCHさんもゲーム内でのイメージ通り、落ち着いたかんじでとっても親しみやすい方でした。ぷるMさんは何故か以前にみたことあったのでそのまんま(-ωー)サワヤカせーねんってカンジでw

全員集合のあと最年少ぱGくんの仕切りでミナミの居酒屋へ(結局ミナミかい!というつっこみはおいといて)。

しょっぱなから飛ばすしょHさんをヲチしながらぶCHさんやえうGさん、ぱL姉さん達とお話しながら呑み。

いいかんじで呑んでたら8時からはじまった飲み会もいつのまにか深夜0時半に。
あたりを見回すとあちこちに戦死者が(いつのまにかぶCHさんも倒れてた)

最初はハンドルネームで呼び合うのって、なんかすげー違和感あったけど、ここまでくればもう何も感じませんw
最後はしょHさん・デカエルさん・えうGさん達とヴァナ談義に花を咲かせて一次会お開き。

えうGさんは最後までテンション変わらずおちついたカンジで。さすがオトナ(・∀・)
しょHさんは最後は失速気味でしたがw

2次会はカラオケ

盛り上がってましたが、翌日に約束があったので1曲だけ歌って離脱しました。さすがに寝ときたかったので・・
で、深夜2時すぎに離脱して漫喫で就寝。


いやー楽しかったです。
過去のオフ会のトラウマが払拭できましたw

参加者の皆様・最年少にも関わらず仕切ってくれたぱGくん、お疲れ様でしたヽ( ´ー`)丿


また遊びましょう( ´∀`)



Brogランキング





テーマ : FINALFANTASY XI
ジャンル : オンラインゲーム

ダージュ オブ ケルベロス

POLのトップにあったので

なんとなくβテスト申し込んでみました。


ダージュ オブ ケルベロス


多人数参加型アクションゲームってなんか燃えそうなのでw

当選するといいな( ´ー`)



Brogランキング

テーマ : βテスター募集開始
ジャンル : オンラインゲーム

ヘビメタさん

某やまぐーさんのブログで前々から気になってたTV番組。

「ヘビメタさん」


どうも関東のTV番組なようで、こっち(関西)ではやってないのかな~、なんて思って半ば諦めておりました。

で、昨日(土曜)なにげなく新聞のTV欄みてたんですよ。

ほんとになにげなーく。


視界の端にはいってきた文字。


「ヘビメタ」



!?



テレビ大阪 深夜2:05~ ヘビメタ
これだけ。


こ、これはもしや・・・


どきどきしながらチャンネルをテレビ大阪にあわせて深夜2・05を待ちます。







キター

キタワァァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*


この番組ちょーオモロイw
どうも関東の1週遅れで放送の様子。

ああ、もっとはやくに気づいてれば・・
(つか公式ページに書いてあるやん・・)

ポールギルバートの時のチョー見たかった・・
ローリーの時のもすげーみたかった・・
SEX MACHINEGUNSのときのもみたかった・・
野口五郎のときのはまぁいいか・・



これから要チェックや!




Brogランキング

テーマ : ロック・メタル
ジャンル : 音楽

これは(・∀・)イイ!

アップル、iTMSを日本で開始――100万曲・中心価格150円でスタート

アップルコンピュータは、かねてより話題となっていた音楽配信サービス「iTunes Music Store」の日本でのサービス開始を発表した。開始時から100万曲を用意し、中心価格は150円。




いやー便利な世の中になりましたね。
車でのFMだったりTVだったり有線だったりで「あ、この曲いいな~」なんて思っても、今までだとそれで終わってたものが、気軽に落とせるようになるみたいで。(PtoPでファイルぶっこぬきとかはこの際おいといて。違法ですよ違法)
トップページはこんなかんじ




以前に、CDウォークマンからHDD内蔵型プレイヤーに買い換えるとき、I-PODにするかSONYのVAIO pocketにするか、メチャメチャ悩んだんですよね。

VAIO pocketはPCがVAIO使ってるだけに、良いかな~、と。ただ、ちょっとデカいってのと、SONYってなんでもかんでも自社製品とリンクさせて、他社製品・規格との汎用性に著しく欠ける(SDカードとか)ってのと、昔から新市場に出るけど、他に負ける(ベータとVHS・Blu-ray DiscとHD DVDとか)ってイメージが強くてw
こういう理由で、最終的に将来性のありそうなI-PODをチョイスしたおれ。
この選択は間違ってなかった!えらい!おれヽ( *´ー`*)丿

このITMS、日本の主要なレコード会社ほんとんど楽曲提供して参加してるのにSME(SonyMusicEntertainment)は不参加らしいし( ´_ゝ`)


ハイハイ、意固地になって勝手に自爆してくださいSONYさん( ´_ゝ`)プライドだけじゃ商売できませんよ、と。

海外市場でもサムスンとかに押されまくってるみたいだし、ゲームも次世代機は有力ソフト確保してユーザー囲い込み作戦もできなさそうだし(FF・ドラクエとか、各ハードで発売するそうな)、天下のSONYも殿様商売のつけがいよいよまわってきたのかもしれませんね。


さっそく1曲買っちゃいました。
落とすのに10秒もかからんし、チョー快適かも。
もっと提供レコード会社増えてくれないかな~


買っちゃいました(・∀・)


え、何を買ってるんだって?

気にするな(´∇`)オホホホ




Brogランキング

休暇

明日はお休み!

【やったー!】


特に予定ないけどorz


うちの会社(印刷会社)、夏休みを3日まで自由にとっていいんだけど、仕事の関係で連休にはなかなかできないんですよね。いや、休むのは勝手なんだけど、平日に連休とったら休み明けに自分が地獄みるので・・

半日席はずしてただけでも、戻ると机に伝言メモやら新原稿やら製品サンプルやら見積もり依頼やら山積みになってるような職場なのです。

病気やら突発的な理由で休んだりしたら、1日中携帯なりっぱなし。

そんな環境なので、平日に連休なんて怖くて怖くて・・



ま、連休とったところで予定も金もないし、ぐーたら休暇になるのは目に見えてるんですけどね( ´_ゝ`)

衝撃ニュース

パリの病院:351体の胎児や死産児を不法保管


誰が!?何のために!?今までバレずにどうやって!?


・・・以下次号!



っていう冗談は不謹慎ですかね。

つか、マジでこえええ((((((;゚Д゚))))))
20年前から貯めてたそうです

続報を待ちましょう。

ちゃんと報じられるのか不安ではありますが。
こういう得体の知れないニュースって第一報だけで、続報が全く流れてこなくなったりすることってあるんですよね。

色んな理由があるのかもしれませんが。

まぁ今回は公的に発表されたということで、一マスコミのスクープ報道じゃないみたいなので大丈夫かな。

クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。