スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トウキョウ アンダーグラウンド

「トウキョウ アンダーグラウンド」を観た。
トウキョウ・アンダーグラウンド


ツタヤのレンタル棚で一際異彩を放つこのタイトル。ずっと気になっていたんです。タイトルからして駄作の臭いがプンプンしていたのでなかなか手がだせずにいたんですが、日本を舞台にしたドイツ映画ってのに非常に興味をそそられて、意を決してレンタル。

ドイツに住む18歳のアンジェラは、高校の卒業パーティーで日本人のDJヤマモトに出会い、漠然とした好奇心を胸に東京に旅立つ。慣れない東京での生活に戸惑いながらも、ホステスをしているヤマモトの女友だちモニカをたずね、同じお店で働き始めるアンジェラ。
ある時、彼女は渋谷にある外国人の地下組織に足を踏み入れ、やがてホステス行方不明事件など、東京のアンダーグラウンドな世界に深く巻き込まれていく…。


「外国人から見た日本」ってのはいろんなメディアで取り上げられてるし、一昔前に比べて随分とマトモなイメージになってきてるとは思えますよね。

では、「外国人から見た日本のスケベ親父」は?

物語の前半は日本へ来てホステスをする主人公の視点から、もう同じ日本人だというのが恥ずかしくなるくらい下卑た日本人エロ親父がこれでもかと描かれています。そしてそれが何か生々しいリアルさ。

外国人パプに来る様なエロリーマンのくせに妙なプライドだけはもってて、ホステスを軽く見下しつつ優越感に浸り、屈折した性欲の対象として彼女達を見る親父達。
14_l.jpg

「あ~、こんな親父いるいる・・・」と思わず納得してしまう妙なリアルさ。これホントにドイツ映画か?って感じるようなリアルさがある。おそらく日本の歓楽街で働く外国人ホステス達に綿密な取材をしたんでしょう。

主人公が日本へ来て、道行くサラリーマンを眺めている時に先輩ホステスが言う台詞。
「見て、みんな似てるでしょ?日本の男は長時間懸命に働き、退社後は女にチヤホヤされたがるの。」
「身の上話をすると喜ぶわよ」
「彼らの扱いは簡単。日本の女性は従順だから意見を言って議論すること。家では議論できないから彼らは店に来るの」
「おじぎは相手を大きく見せるため。自分を小さく見せるのよ」

いかにも外国人ホステスが言いそうな台詞ですね。ドイツ人の想像だけではここまででてこないでしょう。

このエロ親父描写はリアルだったんですが、リアルさの追求はこれだけでやめたようで、他のシーンは中国だか日本だかわかんないような描写で溢れています。なんでこんな嫌なトコロだけリアルにするんだろう(-ωー)

物語はかなり中身の薄いサスペンス仕立てで、スタイリッシュなのかなんか知りませんが、ストーリーやシーンの飛び方がかなりイってます。ちょっと勘違いしたスタイリッシュ、ってカンジでしょうか。
話しのもっていきかたも相当強引です。あったこともない、行方不明の外国人ホステスの失踪の謎を解くことが私の使命、などとMISSINGのポスターを見て唐突に思い立つところから、サスペンスドラマになっていきます。
ここからは、非常に説明のしづらいストーリーとシーンのオンパレード。なんだか「地球で最後の男」を彷彿とさせるようなイキっぷり。
色んな要素がゴチャマゼになっててカオス状態というかなんというか、ホントに説明しづらいし、よくわからない。
そしてラストはこれこそ「誰にも予想できない結末」ってくらい「へ!?」っていう思わず失笑してしまうようなラスト。

でもつまらなかったのかと問われると、答えはNO。
よくわからない面白さがこの映画にはある。面白い、という表現が適切かどうかは微妙なところだが、とても奇妙で味のある映画。決して良作ではないんだけど、ホントに表現しづらい映画。

ここを見てる人には、この映画をレンタル屋で見かけたら是非借りてみてほしい。そしてその感想を教えてほしい。

半数くらいの人は「なんだこりゃ!?クソが!!」っていいそうな気がするけどw

「トウキョウ アンダーグラウンド」
★★★☆☆

クリックしてもらえると嬉しい→Brogランキング


9_l.jpg

88947_normal.jpg

6_l.jpg

↑漫画喫茶とかでてきます。
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Comment

No title

日本人悪く描きすぎ…。
しかも使ってる日本人役のキャストって、ほとんど中国人か韓国人ばっか。
この監督って反日なのか?って思うほど、日本に嫌悪感を抱く描き方をする。
そこらかしこで聞こえてくる、日本人役の日本語がカタコトなのも、非常に不愉快。
性格がいい日本人って、結局ヤマモトだけだった。
日本人が見ても楽しいと思える映画ではないと思った。

No title

僕個人の感想だが、ようするに一人の少女の妄想で完結するのだから
日本に対する偏見等が散見しているのは当然だと思う。
それは例えば舞台が日本なのにほとんど日本人を出演させてない部分や
日本の施設なのに中華的装飾が含まれていたり、弁当だったり。
このあたりは意図的に散りばめられていると思う。
そういった部分を徹底しているあたりよく作りこまれているな、と感じた。

正直「反日映画」とか言ってる人ははやく引きこもるのをやめて
家から出てみるべきだと思う。それか社会に出てない子供なのか。
この映画を見て「反日」と感じる感性はかなりズレているから。

ラスト意味不明

この映画はある意味面白いですね!
途中からラストまで理解するのに頭が痛くなりました。
結局は意味不明ですが、、、
見た人みんなで討論したくなる映画です。
非公開コメント

クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。