スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは酷い 「地球で最後の男」 ※ネタバレ

ツタヤで宇宙戦争といっしょに借りたDVD。

「地球で最後の男」
0000279964_img.jpg

人間が消えた世界に取り残された男が遭遇する未知の恐怖を描いた新感覚SFサスペンス。警官のガブリエルは、ある日、犯人を追跡中に何者かに襲われ気を失ってしまう。ほどなく意識を取り戻すが、街は人の姿が消え失せ、ゴーストタウンと化していた。

う~~~ん・・・

この映画、非常に感想が書きづらい。
何から書けばいいのか、どう説明すればいいのか非常に難しいんです・・・駄目すぎて

とりあえず、今まで見た映画の中でもブッチギリのクソ映画。
ひどすぎるw→ranking


これの脚本て一体どういう内容なんだ?っていうくらい理解不能なストーリー展開。
いや、ストーリーっていう言葉を使うのもおこがましいほどの、理解不能のシーンのぶっ飛び方。
そのくせオチは開始5分で読めてしまうという駄目っぷり。

とりあえず、自分の中で整理する為にも、ストーリーを見たままにまとめてみる。

教会で大勢の信者を前になにやら儀式を行っている神父さん、祭壇にむかってなんかしてるところで背後でピカっと光が。
振り返ると誰もいない。呆然とする神父。
場面かわって、悪夢から目をさます主人公の警官(この時点でオチが読める)。外へでてみると無人の街。
「どうなってるんだ」と、街を徘徊しつつ、学校に行く警官。何故かそこで死体をいじってる神父と遭遇。「これは悪魔の仕業だ!」「俺は現実主義者なんでね」

ここからが解説が非常に難しい理解不能シーンのオンパレード。
主人公の幻覚と思われる、わけわからんシーンがこれでもかとでてきます。唯一わかるのが、嫁さんの流産により母子ともに死んでしまった、ということだけ。
そんな意味不明のシーンが中間延々と続きます。これはキツい。ある意味精神苦行。
途中でもうひとりの生き残りである「囚人」もでてきます(こいつの存在意義も不明)

そんなこんなで物語は後半戦へ。

主人公が何の脈絡もなく「全ての答えは教会にある!」と囚人にむかって突然言い出します。「え、突然何言ってんだこの馬鹿」などというはずもなく、「確かなのか?」と囚人。「夢の中でみたんだ。何か理由があるはず。早く行かないと・・」「よし、まってろ。神父を呼びに行ってくる」走り出す囚人。

「神父さ~ん・・・」   ガッ

何故か隠れてた神父に殴り倒される囚人(ここで囚人の出番終了)

あっけにとらる鑑賞者はおかまいなしにストーリーは進みます。

戻ってこない囚人のことなど何処吹く風で神父と合流し、教会へ突入する主人公。(この一連の流れの合間にも主人公の幻覚シーンがガンガンはいります)
教会にはいると、突然バトル勃発!それも「天使」同士の!

ちなみにこんなの
仏像?

バラエティとかによくでてくる、筋肉の着ぐるみみたいなの着てます。
ポカーン


( ゜д゜)ポカーン。なにこの仏像。
そのバトルがショボイのなんのって。小学生のちゃんばらごっこの方がよっぽど迫力あります。
もう鑑賞者は完全においてけぼりです。それでもストーリーは突き進みます。

そしてなんと!
そのバトルに勝利した天使の正体は神父だった!!
プギャー
m9(^Д^)プギャー

もうこのあたりになってくると怒りも(あまりのクソ映画に対して)悲しみも(タイトルに騙された自分に対して)通り越して笑うしかありません。

その後、よくわからないまま神父は主人公に刺殺され、物語は驚愕(嘘)のラストへ・・・!


うーん、思い出しただけでも泣けてきた。
タイトルの「地球で最後の男」、レビューにあった、「新感覚SFサスペンス」の文字、おもいっきり騙されました。

これを超えるクソ映画は当分でないだろうなぁ。


マジおすすめ!


「地球で最後の男」
採点不能(☆ゼロで採点するのも悔しい)


Brogランキング


※ちなみにこの作品、amazonのカスタマーレビューでオール☆1つという快挙を成し遂げています。





スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Comment

レビューだけで散々笑わせて頂きました。

なんですかこの仏像。

気になって観たくなりました。
ヤバイ・・

有る意味すごく楽しそうなのですが。

「ある意味」すごい楽しい作品ですよ!

ただ、シリアスなスリラー映画だと思ってレンタルしたら怒髪天を突くこと間違い無しですがw

TBありがとうございます。

不幸だと思っている人は周囲にたくさんの人がいても自分一人ぼっちで生きているように感じるものです。そこらへんから発想した映画じゃないでしょうか。かなりわかり難いですね。

相当わかり難いですね・・・あの天使マンとか特に・・・w

なるほど、これに比べたら僕が観た
「10億分の1の男」
なんてまだまだ良作ですね。
僕の場合レビュー書く気にもなれなかったです。

>hiroさん
これは凄かったですよ。
そのへんのZ級映画なんか目じゃないです。何が痛いって大真面目にこれを作ってるのというのが痛すぎます。

「10億分の1の男」、amazonのレビューみてみると、なかなか高評価じゃないですか(笑)良作ですよ!観てませんけどw

違う作品なんだ

 こんばんは、はじめまして。
 「アイ アム レジェンド」の過去の映画化作品の一つかなと思ったら全然別ものなのですね。でも、ここまでボロクソ言われてる映画となるとそれはそれでちょっと見てみたいなぁとマゾっけが出て来たりします。
 

>樽井さん
こんばんは、初めまして。ようこそいらっしゃいました。

「アイアムレジェンド」あれもなかなか危険な匂いがする作品ですね(笑)でもどんな駄作でもこの作品を超えるものはそうそう出てこないと確信できるほどの駄作っぷりでした。もう観てて笑うしかありません(笑)

ここまでヒドいと確かに一見の価値はあるかもしれません(笑)

No title

こんにちは。
この映画を見て、怒りと言うかこのもやもやを吐き出したくてここにたどり着きました。
いや、本当にこれは凄い映画でしたよ。
正直、主人公と神父役の人は、この脚本を見てオッケーを出した事が凄いと思う。
カメラのアングルとか見ると本当にこれはプロが撮ったの?と言いたくなるような気持ち悪いカットが多かった。
あ、一般の映画って言うのは結構気持ち良い感じに作られてるんだなぁと思いました。
カット割りの雑さにビックリです。
よくこれを作品に仕上げる事が出来たなぁと関心するとともに、よくこれを日本に輸入してきやがったなという気持ちでいっぱいです。
病室で頭ぶち抜かれてるシーンが最初にあったら、オチはそうなんだろうなというのは想像出来るし、しかもその通りで、それならそれで夢の中がすごくよければいいのに、全然意味分からないワールドだし。
ここで言っても意味は無いけど、監督はちゃんと画像の捉え方、つなぎ方をしっかり勉強してから作品を撮るべきだ。こんなんで金を取るってのがもーーーう!!!

長文、すいませんでした。

No title

この映画は本当に酷い。酷すぎて今でも彼氏とこの映画について話す時爆笑してしまいます。今も
他の人のレビューが気になってこの映画について調べています。しかもデビルみたいなのが近づいてくるシーン、ローラースケートを履いてるのが見えました。

このレビューを見とけばこんな映画見なくて済んだのに…
このレビューの100倍糞映画です。。。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「DARK HEAVEN」(地球で最後の男) -信じられるか

「君を助けたいんだ」そんな言葉を聞いて信じられるだろうか。信じる機会が一生に一度でもあれば幸せだ。信じることなどできなくて、自分の身に降り掛かるいろいろな出来事を不幸の象徴として解釈してしまう。これでは生き地獄である。生きる事が辛い時、世の中には心通う人

映画「地球で最後の男」

「ヘルマスター」のダグラス・シュルツ監督作品。人類が消え去ってしまった世界に残された男の運命を描くSFスリラー。邦題が酷いです。邦題が「地球で最後の男」なのに、ラジオ放送があるし、神父や囚人なども登場して、どこが最後の男なのか分かりませんでした。邦題で騙..

『地球で最後の男(原題:DARK HEAVEN)』映画レビュー

Tweet Tweet これはヒドイ…酷すぎる。あまりにもつまらなくて気絶しそうになったぞ!な~にが地球で”最後”の男だよ(怒)! ※本文に一部ネタバレ的なものがあります。 「これは異星
クリックお願いします
br_decobanner_20100209113847.gif br_decobanner_20100209114432.gif
プロフィール

baoh

  • Author:baoh
  • 【評価基準】
    ★★★★★★

    ★★★★★☆ 
    最高!
    ★★★★☆☆ 
    (・∀・)イイ!
    ★★★☆☆☆
    見所アリ
    ★★☆☆☆☆
    微妙
    ★☆☆☆☆☆
    制作者でてこい
    ☆☆☆☆☆☆
    市中引き回しの上斬首


    ご意見・苦情・恋文などはこちらからどうぞ
    →baoh77@hotmail.com


My favorite
Evanescence - "Bring Me To Life"        映画「デアデビル」テーマソング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
MOVIE NEWS

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

お友達Blog
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。